So-net無料ブログ作成

呉② ヤマトの諸君! [中国・四国]

宿直明けでお昼寝してた ながぼ です。

今日は大和ミュージアムのご紹介。

大和ミュージアム:

 東洋の軍港と言われ世界最大級の軍艦である

 戦艦大和を建造したまち呉。

 呉の歴史と大和に関してだけでなく、

 造船・鉄鋼などの技術なども学ぶ事が出来ます。


てつのくじら館からすぐに場所にあります。

戦艦陸奥の主砲なども展示されてました。


館内では東洋一の軍港として栄えた呉の歴史や
 
巨大戦艦大和の資料、沖縄特攻隊の遺書などを

パネルや映像などで知る事ができます。

1Fの資料館では、ゼロ戦、人間魚雷となった回天、
 
特攻潜水艦海龍も展示されてます。


 
しかし、ここのメインはなんと言っても
 
戦艦ヤマトの10分の一モデルでしょう!

全長26.3mもあり、当時の設計図をもとに
 
限りなく忠実に再現されています。


 

 


 

 


 
戦艦大和:

1941年就役、1945年4月7日に沖縄沖で沈没した
 
世界最大級の戦艦。

全長:263m、最大幅:38.9m、
 
基準排水量:65000トンで3000名もの乗組員。

これだけの重さで最大時速約51キロ出す馬力は
 
153553馬力もあったそうです。
 

アメリカの量に対して質で対抗しようと
 
当時の最新技術を集めて造られたのが大和。

これだけの大きな戦艦を短期間に造りだした技術は
 
後のタンカー造船技術にも活かされていき

造船王国日本といわれるまで成長させました。

また、造船・鉄鋼業界だけでなく、戦後日本の
 
復興や技術大国日本の礎となりました。

戦争が技術革新となるとはよく言ったものですね。 
 
悲しい事ですけど。。。

 
最上階のテラスからは
 
大和を生んだ呉港を見る事が出来ます。

左手にクレーンなどがある造船施設がみえます。

現在はIHI(石川島播磨重工業)の造船所ですが
 
戦艦大和を造ったドッグです。





軍港から造船のまちとして成長してきた呉を後に

広島へと戻りました。

この日は広島に宿泊。

マツダ広島球場でのナイターチケットを取れたので

観に行くことにしたの。

いい球場でしたよぅ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

趣味のカメラで撮った風景、フォト紀行、グルメ?。。。気まぐれ日記です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。