So-net無料ブログ作成
検索選択

高山発 リュックワンコ? [東海]

明日から2連休。 ちょっと出かけてきます。

まぁ早く起きれたら遠出となります。 

行ったらまたお話しするね。 ど~も ながぼ♪ です。

今日は、今回の高山で最高の癒しとなったものです。

旅行で家族ともいえるペットと楽しんでる方も多いね。

僕も大学の頃まで柴犬を飼っていました。

もう家族の一員です。

どこ行くにも一緒だから遠出は出来なかったですね。

今ならペットOKの宿や食べ物屋さんもあって便利!

高山で見かけたのもそんなワンコです。

それがやられちゃうくらいカワイイんです!


思わず撮っちゃいました。 
 
柴犬が一番好きなので最高に癒されます。

なでさせてもらったらおとなしくてかわいいんです!

飼い主さんにお願いして撮らせてもらいました。

ご主人さんが僕の横で名前呼んでくれました。 
 
ほんと(^人^)感謝♪

お~い

 

呼んだか?

  
ポーズ♪
 


もう最高です!

ワンコほしくなっちゃいます。

いつかこんなカワイイ柴犬を一員にしたいなぁ。

高山で見つけた癒しでございました。


nice!(0)  コメント(0) 

岐阜の小京都 ②(岐阜・高山) [東海]

ど~も ながぼ♪ です。

名古屋から高山まで高速渋滞の場合の裏道です。

名古屋や関西方面から車だと東海北陸道を通って

清見JCより中部縦貫道を通って高山へが最短。

でもGWなどは郡上から渋滞が始まります。 

東海北陸道は郡上八幡や白川郷、富山も行けるし

渋滞は避けられません。

そんな時は、郡上で降りて「せせらぎ街道」で

高山へ行くルートがお勧めです。

途中、明宝ハムで有名な名宝の道の駅もあるし、

それほど混雑もなく行けるかな。

紅葉の時期は混むかと思いますが、

その時期は景色&空気も最高のルートとなると思う。

名古屋圏から郡上までは2時間ちょい、

郡上からせせらぎ街道経由で高山まで約1時間半。

30分ほどロスするけど景色楽しめますよ。

さて、今回は高山で見かけた景色。

古い町並みや宮川の景色ではなく違った景色かも。

古い町並みでなく大通りを歩くと商店街があります。

お土産屋さんに衣類など様々なお店が。。。

そんな中で面白いお店を見かけて入りました。



マグネットや置物を売っているお店です。

その中に興味ひかれる物がありました。



 


こういうの大好き! 

自分では造れないのでスゴイって思っちゃいます。

見入っちゃって友人らを待たせてしまいました。

京都など観光地で見かけるもの・・・

高山でも見ることが出来ます。

それは人力車。 オッって見ちゃいますね。

一度乗ってはみたいのですがなかなかねぇ。


 


載せて気づきましたが、人力車の1枚目と2枚目が
 
一緒のお客さんですね。

僕らもいろいろ見て歩きました。 
 
けっこうな距離になるし、乗るのも楽で良いかも!

藤の花がきれいな古い街並みも人力車は入ります。

そんな広くない道で観光客も沢山なので、
 
人力車の渋滞がおこっていましたよ。

女性の方もいましたけど、人力車の仕事って
 
華やかですけど大変ですよねぇ。

バランス感覚と力も脚力も必要ですよね。

足がのぞいてますけどガッチリしたふくらはぎです。
 
人力車の後ろが開いていたので撮っちゃいました。

奥には古い町並みや人力車の車夫ですか?
 
鉢巻巻いて説明されてる姿がありました。



いろんな場所で説明してくれるのは嬉しいね。

いつか乗ってみようかなぁ。 d(^-^)ネ!

街並みをご紹介といかず申し訳ないですが、

メインを少し外しても面白いものが見れますよ。


nice!(1)  コメント(0) 

岐阜の小京都 ①(岐阜・高山) [東海]

GWもあっという間に過ぎ去っていった・・・

ど~もながぼ♪ です。

岐阜の小京都とも言われる 「高山」 を少しご紹介。

高山陣屋を見て古い町並みを散策したよ。

面白い物も見かけたので載せていきますね。

一緒に行ったのは高校時代からの友人 K&Y

親友といっても良い仲間です。

Kは現在茨城で、Yは金沢で頑張っています。

GWで帰ってきたので1日遊ぼうと・・・

高山行きたいなとなって行ったのでした。

愛知からは東海北陸道で3時間くらいで行けます。

GWで渋滞もあって裏道を使いながら向いました。 

朝市もありますが先ずは高山陣屋を見ることに。

高山陣屋

江戸時代に代官が治政を行なった場所。 

お役所や住宅、倉庫などを総称して陣屋と呼ぶ。

幕末に全国にあった陣屋で唯一残っているのが

高山の陣屋なんですって。

 

建物の中は面から見た以上に大きいです。

柱や釘隠しなどが歴史を感じさせてくれました。

 

ここは儀式や会議で使ったという大広間・・・
 
50畳ちかくあります。


茶の間でしょうか。 囲炉裏がありました。

昔は庭もいろいろな木々や花があったんだろうなぁ。

囲炉裏の火にあたりながら雪も眺めていたのかな。
 

お白洲もありました。

どうやら軽い犯罪しか扱えなかったみたいです。

でも・・・取調べで責める道具が置いてありました。
 


とがった責め台に正座させられて抱石を膝に・・・

抱石って何キロあると思います? 

一個で40キロなんですよ!

弁慶の泣き所に三角の頂点で食い込んでいく。。。

いくらMでも堪えられない気が・・・

時代劇などで耐えてる姿見るけど、ありゃ嘘だな。

堪えられるわけないもんねぇ。

民にとっては怖かったであろう代官様の住居や

警察・裁判所を兼ねた陣屋。

庭には心和ませるように白い花が咲いていました。

梨の花です。

 

陣屋を後にして街並みへと向かいます。

高山陣屋の前には陣屋朝市が、その向こうには

TVでも良く見る赤い橋があります。

鍛冶橋と呼ばれる橋を渡ると古い町並みへと

続いていきます。


右手のほうが陣屋へ、左へ行くと古い街並みへ。

下に流れるのは宮川。 鴨が遊んでいました。



時間は11時半くらい。 

お昼場所を予約していたので向うことに。

朴葉味噌と飛騨牛を食べられる店を予約してたの。

楽しみにしながらお店へ行きましたよ。

そのお店は、グルメ?で紹介しますね。

次回の高山②もお楽しみに。


nice!(1)  コメント(0) 

中馬のおひなさん(豊田市足助) [東海]

風は冷たいけど暖かな日差しが

春の到来を告げようとしていますね。

ど~も ながぼ♪ です。

今日は先日の休みに訪れた街道です。

中馬街道=伊那街道(足助)に行ってきました。

馬で荷物を運ぶ人が往来し、

塩の道とも呼ばれた伊那街道。

馬などで荷物を運ぶ仕事人を中馬と呼ぶことから

伊那街道を中馬街道とも言うらしい。

その中継地点がここ足助。

この時期、多くの場所でお雛様のお祭り

開催されていますよね。

足助はモミジ祭りで有名な香嵐渓がありますが

11回目を向かえる中馬のお雛さんも有名。

昔からのお雛様が各家庭で展示されており

それを見ることが出来るお祭り。

これを中馬のお雛様と言うんです。

梅も咲き始めている足助・・・

風さえなければアウター無しで散策できる暖かさ。

足助の小さな町の各家庭では
 
様々なお雛様が飾られています。

江戸時代、大正から代々伝わっているお雛様を
 
たくさん見ることが出来ます。

これは昔からの旅籠である玉田屋旅館。 



入り口付近にお雛様が飾られています。

中に入って自由に見ることが出来ます。

町の一角には大正時代からのお雛様がありました。



 



家の中を見られるのは嫌な方もおられるでしょうね。

もちろんお店などが多いんですが、

それでも沢山のお雛様を見ることが出来ましたよ。

本屋さんでもお雛さんが飾られていましたよ。


和菓子屋さんでは珍しい
 
銀屏風のお雛様です。


普段は閉ざされている昔の庄屋さん?にも
 
豪華なお雛様がありました。



一階にはなくて上を見上げてください

とあるので見上げると・・・



二階に飾られています。 

少し下がっても全体が見えません。

けっこう見逃している人も多くてね。

僕が見上げて撮っているのを見て、

上にもあるの?なんて見てる人もいましたね。

お店の人が趣味で作ったという竹雛もありました。

素人なんでとおっしゃってましたが、
 
どうしてどうして、とても立派な物でございます。



お雛様を見ていて、御殿があるお雛様と屏風だけの

お雛様があるの気づきました?

これは地域によって違うんですって。

御殿飾りは京都を中心とした上方のお雛様。

御殿を作ってその中にお内裏様とお雛様、

その下に随身(右大臣・左大臣)と桜を並べた

二段飾りが中心だったようです。

一方、屏風のほうは江戸方面の飾り。

屏風の前にお内裏様とお雛様を並べ、

官女や五人囃子などの段飾りだったようです。

江戸後期、京阪では御殿飾りや屋根のない源氏飾り

江戸では段飾りが一般的だったそうです。

そう考えると足助のお雛様は両方ミックスされます。

実家と嫁ぎ先の風習を調和したお雛様が

できあがったんでしょうか。 

尾張は派手好きなお殿様だったようなので

それも影響してるの?

それほど広い宿場町ではないのですが、

平日でも多くの観光客が来ていましたよ。

初めて御殿飾りと段飾りの違いを知ったし、

ぶらりと楽しんだ中馬のお雛様でした。


nice!(0)  コメント(0) 

久能山東照宮 [東海]

ぽかぽか暖かい日や寒い日が交互に来て

春が少しずつ近づいてきてますね。

今年は雪が積もらずに冬が終わろうとしてます。

ど~も ながぼ♪ です。

静岡に遊びにいってきました。

グルメツアーと題して遊びにいったんです。

そのグルメなお話はいつか出てきますよ。

名古屋から静岡まで高速で約2時間半~3時間。

この日も空に雲ひとつない快晴で、

走りながら富士山眺めることが出来ました。

お出かけは傘をさしながらって記憶がないねぇ。

ちょいと走らせて久能山東照宮に行きました。

久能山には 久能寺 と言うお寺があったんです。

武田信玄の頃に寺を移築してお城が出来て

武田家滅亡後に徳川家康の領土となったの。

大御所として駿府城にいた時に久能城は

駿府城の本丸と思っていたようで、

家康は、死んだら久能山に葬って欲しいという

遺命により二代将軍秀忠が本殿を作って

今に続くといったものです。

三代将軍家光が日光に東照宮を造営した際、

家康の御霊の一部を移したと言われています。

久能山東照宮 → 富士山 → 日光東照宮

一本の線でまっすぐに引けるんですよ。

不死の山と言われ崇められた富士山を中心に

結ばれる久能山と日光の東照宮。

本殿で拝むと家康の墓、久能山山頂、富士山、

そして日光東照宮をも拝むこととなります。

その日光東照宮には、

信長暗殺の明智光秀家紋である桔梗紋があり、

近くには明智平という場所があったりします・・・

光秀は生き延びていて天海和尚と名を変えて

徳川家黒幕だった説もあるしね。

不思議ですよね。

こういうのがあるから歴史って面白いんですよ!

長くなりましたね。。。

日本平からロープウェイで東照宮まで行きました。

石の階段をのぼり桜門に着くと奥には唐門が。

その奥が本殿です。





唐門の下からの眺めです。

快晴の青い空、50年に一度の塗り替えが

終わっていて建物はきれいでしたよ。

この日は暖かくてね。

この場所には梅などがあるのですが咲いてた。

そんな紅梅と唐門です。


唐門の中には本殿がデンと構えています。

徳川の御紋が眩しいです。


本殿で拝むと上にある彫刻があります。

司馬温公 びん割りの彫刻です。


びんに落ちた友人を意思で割って

助け出したところを描いています。

中国の故事から引用して彫刻とした物です。

高価なびんよりも命はもっと大切であり、

命を大切にしなさいという家康の願いですかね。

そんな家康のお墓はさらに奥にあります。

木々に囲まれて空気が違う感じがします。


この中に家康公が眠っているんですね。

お賽銭箱もあるのですが、

宮司さんがザザァ~ってお金出してました。

横にも杉の木があり賽銭箱に木の皮にお金を

挟ませたりしてあるのですが、

それもまた手で取って集めてました。 

拝んでいる人がいるのに! 

ちょっと考えて欲しいです。

東照宮を後にしてロープウェイ乗り場の駐車場まで

戻っってから山頂まで少し歩きました。

ここからの富士山の眺めもいいんですよ!


焼津の港と富士山かな。

日本平には日本平ホテルがあるんですね。

そのホテルの庭は、華麗なる一族のロケ地。

池で鯉が泳いでいたりしている万俵家の庭として

使われた場所です。

これを知ったのが夕食場所だったので・・・

見逃した場所はまた次回の楽しみってことでね。

富士山にグルメに歴史と満喫しましたよ。

何より天気が良かったってのが最高でしたぁ。


nice!(0)  コメント(0) 

陶器 と 酢・・・2 [東海]

秋だというのにまだまだ日差しは強い日も多いですね。

でも明日からは雨で、それが過ぎると冷えてくるらしい。

もう少し着る物で悩みそうですねぇ。 

ど~も ながぼ♪ です。

いやぁ~我がジャイアンツ勝ちましたね。

阪神から13ゲームも離されてからの逆転劇!

久しぶりに熱かったです!

まだクライマックスと日本シリーズがあります。 

日本一へと応援しなくちゃ!

さて、半田市へ遊びにいったお話しの続きです。



酢で有名なミツカン本社の横には工場があって

見学が出来るんですね。

酢のにおいが強いのかなぁって思ったら

それほどでもなかった。

確かに駐車場からほんのり酢のにおいはするんですよ。

工場の人に聞いたら今はそれほどでもないけど、

夏場はスゴイですよぅって言ってました。

中は歩きながら酢の出来るまでを学ぶことが出来ます。


 

 

 
実際に使われている大きさの樽のトンネルをくぐりながら
 
昔からの道具や商品など展示してあってね。

知らなかったなぁ、おっ!てな物までありましたよ。

工場の前は運河になっています。

昔は商品を運んだりと賑やかだったんでしょうねぇ。



近くには、お酒の国盛、盛田などの工場もあります。

工場見学って驚きや新しい発見もあって面白いね。 

また違うところにも行きたくなりました。


nice!(0)  コメント(0) 

陶器 と 酢・・・1 [東海]

暑さ寒さも彼岸までとは言いますが、

今日は暑かったですねぇ。 ε-(´・`) フー

明日明後日も暑さが続くみたいですね。 

本当に涼しくなるのはもう少しかな。

皆さんお元気ですか? ど~も ながぼ♪ です。

知多半島にある常滑&半田に行ってきました。

常滑は常滑焼き&セントレア(中部国際空港)、

半田はお酢で有名なミツカンの本社があります。

ぎんぎつね、手袋を買いに、おじひさんのランプ

有名な新美南吉の故郷でもございます。

先ずは常滑に向かいました。 

お昼頃について昼食でございます。

事前に情報を仕入れてビーフシチューが美味しいという

お店に行きました。

天気は雨が振ったりやんだりの微妙な天気でしたけど

見る場所では影響なく楽しめましたよ。



1階はギャラリーで2階が食事場所ってお店です。

2回はお客さんも多かったのでお客の空いた時に

1階ギャラリーを撮ってみました。

この近辺が常滑焼きなどの観光地点のようになっており

建物も渋くてギャラリーも多いんです。


 

 



常滑焼き、鉄細工、タイルまで様々です。 

常滑はINAX工場もあるので陶器・タイルも盛んです。

美味しくビーフシチューをいただいてから散歩しました。

お店の横から少し行った場所からスタートです。



奥に窯跡が見えますね。

左側はアトリエ、右側は甘味処にデザイン工房です。

陶器や和物など様々なお店が長屋風な建物の中に

入っていますが、面白い物を見つけましたよ。



チェーンに吊り下げられた土管です。 

何だと思います?



万華鏡でございます。 

水が入れてあって横に回すごとに柔らかな動きで

変わっていきます。 キレイでしたよ!

この後は新美南吉の記念館へ。

ちょっと文学に浸ってきました。


子供の頃読んでいたので懐かしく感じました。

新美南吉の半田から10分くらいでミツカン本社へ。

次回は工場見学の一部をご紹介です。


nice!(0)  コメント(0) 

長良川花火大会③ [東海]

寝苦しい夜が続いてます。 

風はあるんですけど朝方なくなるんですよねぇ・・・

汗かいて起きてしまいます・・・

心地よい目覚めがほしい ながぼ♪ です。

さて、今日は長良川花火の続きです。

普通は打ち上げの部分からヒュ~って伸びていく線も

含めて撮るじゃない?

今回、ちょっと違った角度で撮ってみました。

ではご覧くださいませ。



 



 



 



花火が爆発する感じが撮れたかなぁと

思ってはいますが・・・そうでもない?

撮って載せてみると先日載せた花火のほうが

花火!って感じはしちゃいますかね。

同じ物を撮るにしても角度を変えると

いろんな物を撮れるなぁと思いました。

行った気分で楽しんでもらえたら幸いです。


nice!(0)  コメント(0) 

長良川花火大会② [東海]

ど~も ながぼ♪ です。

今回は長良川花火大会その2となります。 

花火は大輪の花とよく言ったものです。 

いろんな花を見せてくれました。

夜空に浮かぶ大輪の花。。。

黒く塗って釘などで削る画ってあるでしょ? 

まさにそんな芸術です。

テーマのように題名がありますが勝手に付けました。

感じたままに付けたのですが

センスの無さを少なからず感じましたね・・・(´Д`) =3

「アサガオ」




アフターバーナー」

いくつかの光を残しながら飛び立っていきます



「菊」





「Rainbow Butterfly」





「誕生」

何かが生まれて飛び出そうとしてません? 

奥には怪しいふたつの光が・・・



 

たんぽぽ

綿毛のタンポポが回転しながら飛んでいきます



 

「夜彩花」

夜空を彩る大輪の花のように見えません?



 

「虹海胆」

虹色のトゲを持つウニに見えてしまいます



いかがでした? 

見ようによっては見えるでしょ~ ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

今回は花火をアップで撮ってみたんです。

ド~ン!って開く瞬間が撮れてないとダメでない? 

けっこう失敗してました・・・

違った角度から撮った花火をお楽しみください。


nice!(0)  コメント(0) 

長良川花火大会 [東海]

土曜から4連休のσ("ε";) ボク 

今日は洗濯でもと思ったけど雨と雷で中止。

土曜に行った花火写真チェックしてた ながぼ♪ です。

土曜日は岐阜県金華山麓に流れる長良川で行われた

花火大会に行ってきました。

花火大会の日は交通規制もあるし駐車場も少ないので

早く行って駐車場確保です!

なんとか会場近くの市営駐車場に入れたかったんです。

道路も混みだしてて着いたのは13:00近くだったかな。

すでに満車で1台待ってた。。。

道路向こうのバーミヤンは1回3000円、

市営駐車場そばでは1回5000円!

でも・・・市営駐車場は1回300円なんですから! 

お昼は歩いて10分くらいの鵜匠が営むお店へ。 

鮎の塩焼きや鮎雑炊がお勧めです。

この日も暑くて着いた頃には汗が・・・

中は冷房が効いていてありがたさを感じましたよ。

座った場所もよくて席からはお庭を見れて

向こうには岐阜城が眺められました。



庭では鵜を飼育している小屋があります。 

鵜たちは庭を歩き回ったり池で水浴びしてます。

庭に出て鵜を直接見たり出来るんですよ。 



鮎の塩焼きに鮎雑炊を味わって、

鵜匠の方とおしゃべりしながら時間を過ごします。

花火まではタップリ時間があるし冷房が心地よいので

長いしたくなりますねぇ。

しばし和んでから駐車場に戻って車の中で休憩。 

涼しければ街並み散策ですが暑いんだもん!

お昼寝したりDVD観たりしながらの~んびり。 

(; ̄ー ̄)...ン?そろそろかな?

まだ明るいんですが観覧場所を確保のために出発! 

民族大移動のように人々が移動してます。

ほんの数分ですが汗が出てきます。

いやぁ~暑い´´(;´ρ`A)アチィ・・・

折りたたみのイス&テーブル持ってきたけど、

パラソル持ってきてあげればとヾ(_ _。)ハンセイ…

カメラを三脚にセッティングして屋台で食べ物&飲み物仕入れて準備完了!

日も傾いて夕焼けがきれいに見える頃に夜の部開始。



正面ではないのですが、景色も良くて撮影を考えると

良い場所でしたね。 帰るのも楽だった!

 
まだ明るいんですが日没前の花火ってきれいだなぁ。

全国花火師競演なので○○県○○氏の作品って
 
呼ばれて打ち上げられます。

暗くなった頃に最初のスターマインです。



風で花火が流れるので煙でボケてしまったりします。

なかなか難しいですねぇ。

でも全体的にきれいに撮れたと思います。



 



大きく明るい花火は、空だけでなく川面まで

明るく染めていきます。

次回は様々な形の花火をご覧くださいね。 

ではお楽しみにぃ。


nice!(0)  コメント(0) 

趣味のカメラで撮った風景、フォト紀行、グルメ?。。。気まぐれ日記です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。